訪問着は正礼装ではちょっと大袈裟?と思うようなパーティやお茶会などに使える便利な着物

訪問着は正礼装ではちょっと大袈裟?と思うようなパーティやお茶会などに使える便利な着物

礼装の着物である「準礼装」は、冠婚葬祭や儀式、もしくは出席するときに着用します。準礼装はおめでたい「慶事」と不祝儀の「弔事」の場面に合わせて選ぶ必要があります。

準礼装の着物には、訪問着や色無地、付け下げなどがあります。訪問着は正礼装や振袖の次に格が高い着物として、既婚者や未婚者に関係なく着用できるものです。

訪問着は結婚式や表彰式、パーティー、お茶会、お見合いなど幅広く着用できる便利な着物です。色無地は黒以外の色で一色に染めて仕立てた、柄のない無地の着物で、全体的に控えめな印象を与えます。

紋の有無で格が変わります。紋が1つでも入っているものは、訪問着よりも格上となり、紋なしの場合は外出着や習い事の際に着用することが一般的です。

このように準礼装は、結婚式や披露宴などに招待された際、正礼装では少し大げさに感じるようなシーンでも着用できるものです。またお茶会やパーティーなどにも準礼装が適しています。

 

https://xn--w8j6ctc722rep0d.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です