もうすぐ始まる”5G” 間違いやすい用語と5Gの意味

もうすぐ始まる”5G” 間違いやすい用語と5Gの意味

5Gと間違いやすい 5GHz・5Gbyte・5Gbps との違い

 

2020年春から「5G」がはじまる。そういうニュースをよく目にするようになったが、ひと言に「5G」といっても、その用語を正しく理解しているだろうか。特にインターネットの世界では「G」と略される言葉が他にもいくつか存在する。混同しやすい「5G」「5GHz」「5Gbyte」「5Gbps」など、いわゆる「5G」と表現されるIT用語をおさらいしておこう。

 

※5Gと混同しやすい言葉一覧

5G(ファイブジー): 通信規格の世代
5GHz(ギガヘルツ): 電波の周波数
5Gbyte(ギガバイト): 通信のデータ量、ストレージのデータ量
5Gbps(ギガビーピーエス): 通信速度

「もうすぐ5Gの時代がやってくる」と表現された場合の「G」は、数的単位をあらわす「ギガ」ではなく「ジェネレーション」という意味で、「通信規格の世代」を表す言葉だ。

 

5G(ファイブジー)とは?

 

5G(ファイブジー)とは、「第5世代移動通信システム」のことで「5th Generration」の略だ。2020年1月現在、主に利用されている通信規格4Gの次世代通信規格として、2020年春からサービスが開始される。その5Gは4Gよりもはるかに早い通信速度が期待でき、遅延なく多くのデバイスと通信できるようになるなど、より便利な通信環境が期待できる。
5Gは、高齢化や労働人口の減少など社会が抱える課題の解決や、さまざまな産業の高度化への活用が期待されており、数年をかけて全国に展開される予定だ。

 

※5Gと4Gの大きな違い

  • 高速・大容量:通信速度は20倍に!
  • 多接続:同時接続できるデバイスが10倍に!
  • 低遅延:通信の遅延は10分の1に!

 

https://time-space.kddi.com/ict-keywords/20200203/2838

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です